スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
腎盂がんとは
2007 / 02 / 23 ( Fri ) 21:28:30
左右の腎臓でつくられた尿は、腎杯から腎盂、これに続く尿管と流れていき、膀胱に貯留されます。排尿時には、膀胱から尿道を通って排尿されます。このうち、腎盂と尿管を上部尿路と呼び、ひとつのグループとして扱われています。腎盂、尿管と膀胱、尿道の一部は移行上皮と呼ばれる粘膜で構成されています。尿路に発生するがんは主に移行上皮がんと呼ばれる種類のがんです。
腎盂・尿管がんも多くは移行上皮がんです。

腎臓のがん
腎臓に関わるがんにもいろいろ種類があります。

腎盂・尿管がんは、泌尿器科がんの中でもまれで、その発生頻度は人口10万人あたり、男性0.1人、女性0.1人程度です。
膀胱がんも含めて、移行上皮がんの発生にはいくつかの危険因子があることがわかっています。中でも化学発がん物質による職業性発生は有名です。具体的には、現在製造使用が禁止されている染色、塗装などで使用されたベンジンやβナフチルアシンなどに長期さらされた場合に、腎盂・尿管がんや膀胱がんが発生しやすいことが知られています。また、鎮痛薬であるフェナセチンを長期服用した場合や、ある種の抗がん剤(シクロフォスファミド)を使用した場合にも発生しやすいといわれています。喫煙も、移行上皮がんの発生の危険率を高くすることが指摘されています。

腎盂・尿管がんは、膀胱がんと同様、尿路内のいろいろな場所に多発、再発しやすい特徴を持っています。腎盂と尿管や腎盂と膀胱にがんが同時に認められることもあります。腎盂・尿管がんを治療後30~40%程度、膀胱内にがんが発生することが知られています。このため定期的に膀胱鏡検査を行い再発の有無を調べる必要があります。
膀胱がんの治療で、内視鏡手術などを頻回に受けた場合を除けば、膀胱がん治療後に腎盂・尿管がんが発生することはまれですし、また腎盂・尿管がんが両側に発生することもまれです。

スポンサーサイト

テーマ:ガン治療 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

腎盂がん TB:0 CM:0 admin page top↑
<<第4クールの4日目 * HOME * 第4クールの3日目>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
trackback
trackback URL
http://imachan8.blog85.fc2.com/tb.php/99-0e029a01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。