スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
悪性リンパ腫の治療(2)
2006 / 12 / 09 ( Sat ) 22:14:03
2)中~高悪性度リンパ腫
びまん性リンパ腫が最も代表的なタイプです。

標準的な化学療法は、抗がん剤としてビンクリスチン(オンコビン)、シクロホスファミド(エンドキサン)、塩酸ドキソルビシン(アドリアシン)の3種類と副腎皮質ホルモンのプレドニゾロン(プレドニン)を加えた併用療法(CHOP療法)です。薬剤の頭文字をとってチョップと呼んでいます。  ※前者が薬剤名、後者が製品名です
B細胞型リンパ腫の場合にはリツキサンを加えたR-CHOP療法が標準的な治療方法です。

CHOP療法は外来でできる治療法で、通常3週間ごとに6~8クール行われます。(1クールは3週間)治療開始前に大きな腫瘤があった場合は、化学療法終了後にその部位に放射線療法を追加することがあります。標準的な化学療法によって得られる効果は、年齢、病期、血液の検査値、全身状態などによって異なりますが、I期およびII期の中~高悪性度リンパ腫では、CHOP療法を3コ-ス行った後に放射線療法を追加することによって70%以上の方に治癒が期待できます。

III、IV期の進行期でも標準的な化学療法によって20~40%の患者さんに治癒が期待できます。標準的な化学療法のみで治癒する可能性が低い場合、他の抗癌剤を加えたり、自家造血幹細胞移植を併用して大量の抗がん剤を投与する治療法もあります。

※大阪市立大学病院の患者さん向け説明資料を引用しました
スポンサーサイト

テーマ:ガン治療 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

濾胞性リンパ腫 TB:0 CM:3 admin page top↑
<<治療方法 * HOME * 悪性リンパ腫の治療(1)>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

コチラにお邪魔します。栗です。
いよいよ明日から治療ですね。(あ、プレッシャーかけるつもりじゃないです・・)治療前にいろんなサイト見ると、副作用とか不安にもなりますけど、ひとそれぞれみたいですから、あまり構えず頑張ってください。またCLINIQUIで。。
by: 栗 * 2006/12/10 14:38 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

栗さん>わざわざ励ましに来て頂きありがとうございます。緊張してきましたがやってみないことには分からないと、まな板の上の鯉状態です(笑)状況はブログに記録していきます。
by: いまちゃん * 2006/12/10 17:25 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

yanです。おはようございます。ノニジュースのことなんですが、市販されているのも良いと思いますが、義母がネットワークビジネスをやっていて、そこのなんです。ノニはおすすめ!
おかげでマグラックスも、飲んだり飲まなかったりでしたyo
(でもマグラックスは胃薬の役目もあるらしいから、そう聞いてからは毎日飲んだけれど)
私は、そういったサプリメントに全く興味がない のですが(むしろ、だまされたような気分がして好きではないのですが)、義母に、はじめ無償で頂いて、体のことを思ってくれたのだから、薬と飲み合わせの心配もないし、毎日飲んだのです。そしたら(>▽<)オドロキ!
いまちゃん、治療のあとで、活字さえ読む気にもならないかもしれないけれど、読んでくれてありがとう(^^)
それと、これは決して押し売ってる情報ではないのですが、イヤな気分になったらごめんなさい。。。(ToT)
サプリメントの話はこれぐらいにして。。。治療、がんばってくださいね!点滴のとき水たくさん飲んだら回復早いですよp(^^)q


by: yan * 2006/12/11 10:11 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://imachan8.blog85.fc2.com/tb.php/9-7f3148b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。