スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
手術後は管だらけ
2007 / 01 / 25 ( Thu ) 21:54:43
腎臓と尿菅の摘出手術は全身麻酔をして6時間かかる大手術でした。ヘソの上を18cm、ヘソの下を15cm、合計33cm切られた傷跡が今も残っています。腎臓は腹部の大動脈、大静脈と太い血管で繋がっているので取ると言っても大変です。
リンパ節から全身への転移を心配して郭清もしました。
 ※郭清(カクセイ)
  ・・・がんを切除する際、転移の有無に関わらず周辺のリンパ節をすべて切除すること。
    がん細胞がリンパ節に転移しやすいことから、がんの根治・予防のために行う。

手術室へは病室のベッドに寝たまま運ばれ、手術室で手術台に移ります。手術開始の30分前に
精神安定剤の錠剤を飲むのですが、薬を飲んで病室を出た時から記憶がありません(^^;;
ドラマで観る手術室の光景や重々しい雰囲気や明るいライト...一切記憶にございません。
手術を終えて目が覚めたら身体中からいろんな管が出ていました、その数6本!
 1.背骨に麻酔の管
 2.尿道から尿を出す管
 3.鼻から胃液を外へ出す管
 4.腹上にドレインの管
 5.腹下にドレインの管
 6.腕に点滴
自分の身体から出ている6本の管、自分では見れませんでしたが、嫁さんと子供が見てどのように感じたのでしょうか? 未だ聞いたことがありませんが...
この管が日に日に減っていくのですが、1本ずつ管が減るたびに人間に戻っていくような気がしましたね。手術後の3日間は『世の中にこれ以上苦しいことはない!』という感じの苦しみです。(^^;;
しかし、不思議と4日目以降は生命力がみなぎってくるんですよね!
人間の生命力とはすごいものです。
スポンサーサイト

テーマ:ガン治療 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

腎盂がん TB:0 CM:2 admin page top↑
<<第2クールの17日目 * HOME * 第2クールの16日目>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

大手術お疲れさまです!
こんにちは、先日コメント頂きましてありがとうございました。
>1本ずつ管が減るたびに人間に戻っていくような気がしましたね。
お気持ち凄く共感しました! 目が覚めて動こうとしたら管が!みたいな。いや、そもそも手術直後は動けませんでしたが気持ち的にとも申しますか…(笑) 変なコメントですみません。生命力に身を任せマッタリ管減らして行きましょう!
by: BUTT-HEAD * 2007/01/26 16:55 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆喉元過ぎれば◆

BUTT-HEADさん〉
手術してからもう3年も経ってしまいました(^^)
忘れるというのも人間の重要な能力です!
あの痛さを今も覚えていたら辛いでしょうね。(^^;;
by: いまちゃん * 2007/01/26 18:38 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://imachan8.blog85.fc2.com/tb.php/64-a1a38e8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。