スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
ここまでの医療費
2007 / 01 / 19 ( Fri ) 18:56:36
第2クールも10日が過ぎましたが、治療前の検査、抗がん剤・リツキサンの点滴を一通り受けたので、これからどの位の費用が掛かるのか目途がつきました。
ここまでにかかった費用は次の通りです。(3割負担分)

 ・治療前の検査費用     55,800円
 ・11月度費用         13,800円
 ・12月度費用         70,800円
 ・1月度費用          254,400円  → 月末にR-カルセドCOP実施予定
 ---------------------------------------------------------------------------------
          合計     394,800円
        (飲み薬     48,000円)
        (検査料     55,800円)
        (グラン      70,000円)
        (点滴料     221,000円)

毎月、R-カルセドCOP療法で95,500円、飲み薬で16,500円、グランで23,500円、合計135,500円がかかることになります。(グランの注射は5回を3回に減らしてもらいました)
健康保険から毎月72,300円を超える分は高額療養費制度で戻ってくるはずですが...
 ■参考:社会保険庁HP → http://www.sia.go.jp/seido/iryo/kyufu/kyufu06.htm

健康保険は3ヶ月後に戻ってくるのでつなぎ資金が必要になりますね。
スポンサーサイト

テーマ:ガン治療 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

治療に関して TB:0 CM:4 admin page top↑
<<防菌マスク(3) * HOME * 第2クールの10日目>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

高額医療費の制度はありがたいですが戻ってくるまでの
タイムラグは何とかして欲しいですね。
僕の場合、10月にかかった入院治療費は75万でした。
もうすぐ戻ってくるはずです。
ハワイ行っちゃおうかな
by: ネオ * 2007/01/20 10:40 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆私も大変でした・・◆

そうですね・・経済的にも大変ですね。私の場合いまちゃんさんのように理性的な状態には無かったので「とりあえず今日の支払い!」という感じでした。高額医療の補助金の振込みを待ちきれず役所(国保なので)に相談に行くと「病院に申請すれば差額のみの支払いで済むはずですよ」との事でしたが病院側は「そういう対応はしていません」との事で結局だめでした。???どちらが正しいのか今もわかりません(^^)
by: 大阪太郎 * 2007/01/20 10:57 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆ハワイはいいな~◆

ネオさん>
家族で十分ハワイへ行ける金額ですね(^^)
ハワイでノンビリ治療を受けるっていうのもいいですね!
by: いまちゃん * 2007/01/20 11:52 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆資金繰りは大変◆

大阪太郎さん>
医療費が高額になると大変ですよね。
調べてみると、貸付は次の書類を都道府県の社会保険協会へ提出して貸付を申し込むそうです。支払予定額の80%を貸りて病院へ支払います。清算時に残り20%は戻ってきますよ。
 1.医療費請求書(病院が発行)
 2.被保険者証(コピー可)
 3.高額医療費貸付金借用書
 4.高額医療費支給申請書
by: いまちゃん * 2007/01/20 11:58 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://imachan8.blog85.fc2.com/tb.php/55-494f9784
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。