スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
検査と費用
2006 / 12 / 07 ( Thu ) 22:06:00
毎月1回、腎臓と膀胱の検査があり通院していましたが、通常は2ヶ月おきにエコーで腹部のリンパ節の腫れを観察していました。1年6ヶ月ほどCT撮影を実施していなかったので久々にやったところ、腹部大動脈の周りのリンパ節が臓器を圧迫し、脾臓も膨張しているのが分かりました。

泌尿器科から血液内科を紹介され次の検査を行ないました。

■検査項目

・血液検査・・・泌尿器科では2~3本でしたが7~8本は採取されました。
・リンパ節の生検・・・外科に予約して鼠蹊部を1.5cm切開して小指の頭くらいのリンパ節を検査のために切り出しました。リンパ液が6週間経っても止まらず毎週抜きに行ってます(笑)
・ガリウムシンチ(RI)・・・ラジオアイソトープ、検査薬を注射し中1日おいてからカウントといってベッドに横になって身体をスキャンされます。腸に試薬が溜るので2日かけて下剤を飲んで出します。
・マルク(骨髄採取)・・・骨髄穿刺と言って骨盤に直径2mmの針を刺して骨髄液を採取します。かなり痛いと聞いていたのですが、痛さに弱いと嘆願すると麻酔を3本打ってくれたのでそれほど痛くはありませんでした。採取後止血のため1時間ベッドの上で安静にしなくてはならないのが退屈? 麻酔が覚めてから1週間は骨を押すと痛いです。それと針を刺した穴の痕が残ります。
・CT撮影・・・下半身は泌尿器科で撮影したので上半身だけ撮影しました。

■支払った費用 (3割負担)

1.血液検査         2,000円
2.外科の生検手術    12,200円
3.ガリウムシンチ     28,000円 ←PETだと100,000円!(保険対象外)
4.マルク           4,000円
5.CT撮影         10,000円     合計 56,000円

これからCHOP、R-CHOPと治療が始まりますが、治療は初回から通院で行うので生命保険の対象になりません! 生命保険の見直しをしておけばよかったと後悔しています、トホホ... 血液内科では血液検査の数値に一喜一憂するのでしょうか?
スポンサーサイト

テーマ:ガン治療 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

治療に関して TB:0 CM:0 admin page top↑
<<仕事と病気 * HOME * 現在の症状>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
trackback
trackback URL
http://imachan8.blog85.fc2.com/tb.php/4-69534401
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。