スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
第6クールの5日目
2007 / 04 / 08 ( Sun ) 20:33:16
やっと今日でプレドニンの服用が終わりました!
前回よりは浮腫みとか食欲とか便秘とかが軽いような感じがしますが気のせいでしょうか?
食欲はそこそこありますが意識して抑えています。 毎回のことながらなかなか実行が難しい(^^) 総コレステロールと中性脂肪の数値が高めなのでより抑制しなければならないのですが...
体重も2kg増えているのでなんとか減らさないといけません! _| ̄|○ 残念!

腎臓が1つしかないためか、現在クレアチニンの数値が高めになっています。
クレアチニン体内でエネルギーとして使われた蛋白質の老廃物で、通常は血液が腎臓へ運び処理して尿と一緒に体外に排出されます。腎臓の働きが悪いとまた血液中に戻ってしまい数値が高くなります。 ネットで詳しく調べたのですが、現在の医学ではこのクレアチニンの数値を下げる方法はないそうです... 同じように尿酸の値も高かったのですが、こちらは最近下がってきて正常値範囲になっています。 因みに尿酸体内の細胞のもとになっている物質である核酸の老廃物のことです。
そんな中、『タンポポエキス』とか『たんぽぽ茶』がこのクレアチニンの数値を下げることを発見! 主に糖尿病の人が試しているようですが、ちょっと研究してみようかと思っています(^^)
スポンサーサイト

テーマ:ガン治療 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

治療記録(6クール) TB:0 CM:9 admin page top↑
<<第6クールの6日目 * HOME * 第6クールの4日目>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆^^◆

こんばんは。
プレドニン服用、お疲れ様でした。
今回は副作用が弱いみたいで良かった。
浮腫みも辛いものね。
私はプレドニンの副作用でで食べたくなった時はコブや茎わかめを食べてごまかしています^^
コレステロールは注意ですよ。
数値が高いと薬を飲むようになっちゃうから。たんぽぽ茶・・・どんな味がするのかしら?
by: たんぽぽ * 2007/04/08 21:40 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆たんぽぽ茶レポートします(^^)◆

たんぽぽさん>
クレアチニンを下げるにはたんぽぽ茶とは知りませんでしたし、タンポポ茶は飲んだことがありません(^^) どんな味なのかその内レポートしますね!
今回は割りと副作用が楽なので助かっています(^^)
by: いまちゃん * 2007/04/08 22:00 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆管理人のみ閲覧できます◆

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2007/04/09 15:24 * [ *編集] * page top↑
  ◆◆

こんばんは。
プレドニン服用・・・お疲れ様でした。
私も食欲が増していますねぇ・・。
結構、食べています(笑い)
私は来週、プレドニンです・・・。
えいえいお~~!!
by: あぜ丸 * 2007/04/09 21:21 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆フィルデシンのこと?◆

ともこさん>
はじめまして、父上のことご心配かと思いますがいろいろお力になってあげてください。
お問い合わせの件、フィラデルシンではなくフィルデシンのことでしょうか? この抗がん剤はオンコビンの代わりに使うようで、副作用がより軽いと聞いています。作用効果についてはオンコビンと同じようです。 副作用として顕著なのは神経系に対する影響でしょうか? 私は目の上がピリピリしたり指先が荒れたりします。
このような内容ですが参考になれば幸いです。
by: いまちゃん * 2007/04/09 21:35 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆食べ過ぎはご注意!◆

あぜ丸さん>
私も調子に乗って食べ過ぎています(^^)
体重が3kgも増えてしまい浮腫みが酷くなってきました。
プレドニン切れも始まったようで体中が筋肉痛になっています。
欲望に負けずにほどほどにしないとしっぺ返しがありますね!
by: いまちゃん * 2007/04/09 21:39 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆腎臓の不可逆性◆

今回の記事内容について気掛かりな幾つかに付いて、僭越ながらコメントをさせて頂きます。

1、コレステロールは、肉獣食での脂質の摂り過ぎ以外に、便秘との相関関係で上昇します。

便秘で起こるのは、主にお腹の膨満感であり、水分の貯留で起こる浮腫みとは、いささか違います。

但し、膨満感を来たせば通常でも、吐き気は起こり得ます。便秘での膨満が酷くなれば、血圧上昇と共に脳が圧迫されて嘔吐も起こってきます。

・・・コレステロールを下げるには、基礎疾患の便秘を正しく解消する事であり、運動では解消しません。

運動で解消すべきは、正しくは、中性脂肪です(夏ママさんも同様です)。

脂肪は、エネルギーとして燃焼すると、その燃えカスは、呼吸の空気と一緒に体外に排泄されます。

たんぱく質は、今ちゃんの記載の通り<尿と一緒に体外に排出されます>。

しからば、之が、腎機能が低下しますと、とても厄介な累々の随伴症状を引き起こしていきます。

脂肪は、その摂り方で、とても有益な栄養成分であり、良質な脂肪を蓄える事が、摂りも治さず、病気を起こさせない、第一番の方途です。(摂らぬ狸ですな!!)

尚、中性脂肪を特段の運動をせずとも上手く燃やす方法は、酢酸の中の一つの成分ともう一つのミネラルに深く、秘し、秘められている秘め事です。←之が解れば楽チンになれます。(続く)

by: ayaken * 2007/04/10 03:26 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆腎臓の不可逆性(2)◆

2、既に、既往歴として片方の腎臓摘出があるにも拘わらず、抗がん剤が適応かどうか定かではありませんが、少なくとも、浮腫み解消のために投与されている、利尿剤(ラシックス)は、腎臓の不可逆性(悪化させ元に戻らない)を一層驀進させる根因となるものです。

ブレドニン(ステロイド)は、その使い方で、功罪相半ばしますが、ラシックスの連用、継続使用は、逆効果極めつけの薬剤です。

ラシックスをいい加減に投与され、どんなに多くの方が、透析まで追い込まれ、更にはどうにもならない随伴症状に悩まされ、最後は、死まで追いやられている様は、偏に利尿剤の間違った投薬にあるのです(ヤフーの掲示板やブログでも結構目にします)

・・・浮腫みを取る薬剤が、連用すれば最後はおしっこが枯れ、今度は逆に酷い浮腫みを起こさせ、クレアチニンやBUNを上昇させて、急性腎不全症状を起こし、一気に透析へと誘うのがこの薬剤の悪魔性です。

今ちゃん、クレアチニンやBUNの上昇を利尿剤の投与に遡って、急性腎不全症状を起こさないためにも、推移変動をしっかり捕捉して検証しましょう。

尚、リンパ腫(リンパ管系が浮腫む)になる根因は、一にも、二にも、通常のお食事で利尿効果の有る食材、食品の摂取が日常、不足、欠乏して起こります。

出来れば利尿剤を投薬忌避すればと言う、安易さを捨て、利尿効果あらしめる食材、食品を十分な水分補給と共に併せて、毎日、毎食束ねて、タンと摂る事で回避できるのです。

利尿を含めた水分の補給術を会得しない限り、白血病を含めたがんやどんな病気も、医者に掛かり、如何なるお薬を当てがわれても
完治には、決して至りません。←所詮、イタチごっこのお遊びにしか過ぎません(濾胞性に付いてはとてもよく説明されています)。

・・・尿出を促し、発汗での新陳代謝を促進して尿毒素、老廃物(Cr&BUN)を上手く排泄させるには、極上の飲み物の手助けが仰るように必須ですが、意外と身近に潜んでいますですよ(選択基準は、安価で毎日沢山飲めるが第一条件で、質と量ではなく、量と質(良質)となります)。←之が、命の洗濯(体内のクリーニング)基準です。

・・・おしっこが、シャーと勢いを増す事で(生理作用の活性化)、どんな病気も治癒に向かう、これが総ての確証でも有ります。

追記:兎も角最近は、日本全国、腫れまくっておられる方がとても激増してます。浮腫みも今の医療では解消する事は、不可能であり、酷い浮腫みに晒され、死に至る場合も増えているようです(胸水、腹水、ネフ様=膨れっ面、下肢)。

・・・皆さん、医者任せで、うさ晴らしに大いに浮腫みましょう(ひつ礼)。
by: ayaken * 2007/04/10 05:31 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆気を付けます◆

ayakenさん>
いろいろありがとうございます。
by: いまちゃん * 2007/04/10 21:59 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://imachan8.blog85.fc2.com/tb.php/145-0f4d1514
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。