スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
濾胞性リンパ腫
2006 / 12 / 12 ( Tue ) 22:07:53
1.濾胞(ろほう)性リンパ腫(follicular lymphoma)とは
濾胞性リンパ腫は、病気の進行が比較的遅いタイプ(低悪性度)に分類され、年単位に、ゆっくりとした経過をたどることが多いリンパ腫です。腫れていたリンパ節が自然に小さくなったり、別なリンパ節が腫れてきたりといった「波」があります。しかし、リンパ節が腫れる以外は、微熱、体重減少、寝汗や食欲不振などの自覚症状は少ないので、気づかないうちに病期が進んでいる場合があります。そのため、頚部(けいぶ)、脇の下、足のつけ根の痛みのないリンパ節のはれ(腫脹(しゅちょう))で病院に来ることがほとんどです。その他、健康診断などの胸部レントゲンで、肺の周り(肺門、縦隔(じゅうかく))のリンパ節の腫れ、腹部超音波検査やCTで、腹部大動脈の周りや骨盤内リンパ節の腫脹で見つかることがあります。

ほとんど症状がないことより、かなり大きなリンパ節腫脹でみつかったり、骨髄にリンパ腫の細胞が浸潤(しんじゅん)して、貧血や血小板減少で見つかることもあります。他の種類のリンパ腫に比べて、リンパ節以外の臓器(たとえば、胃腸、脳、肺など)にがんの浸潤を認めることは、あまりありません。つまり、リンパ節に病気の主な病変があり、診断時より、病期III/IVの進行期が80%以上を占めることを特徴としています。

この病気は、日本においては悪性リンパ腫の10-15%と頻度は低いのですが、年々増加傾向にあります。比較的高年齢の方(発生のピークは60歳代)に多く見られますが、最近は30-40歳代の若い方でも見られます。経過はゆるやかであり、はじめは治療に反応をしますが、何回も再発してくるのが特徴です。
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:ガン治療 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

濾胞性リンパ腫 TB:0 CM:0 admin page top↑
悪性リンパ腫の治療(2)
2006 / 12 / 09 ( Sat ) 22:14:03
2)中~高悪性度リンパ腫
びまん性リンパ腫が最も代表的なタイプです。

標準的な化学療法は、抗がん剤としてビンクリスチン(オンコビン)、シクロホスファミド(エンドキサン)、塩酸ドキソルビシン(アドリアシン)の3種類と副腎皮質ホルモンのプレドニゾロン(プレドニン)を加えた併用療法(CHOP療法)です。薬剤の頭文字をとってチョップと呼んでいます。  ※前者が薬剤名、後者が製品名です
B細胞型リンパ腫の場合にはリツキサンを加えたR-CHOP療法が標準的な治療方法です。

CHOP療法は外来でできる治療法で、通常3週間ごとに6~8クール行われます。(1クールは3週間)治療開始前に大きな腫瘤があった場合は、化学療法終了後にその部位に放射線療法を追加することがあります。標準的な化学療法によって得られる効果は、年齢、病期、血液の検査値、全身状態などによって異なりますが、I期およびII期の中~高悪性度リンパ腫では、CHOP療法を3コ-ス行った後に放射線療法を追加することによって70%以上の方に治癒が期待できます。

III、IV期の進行期でも標準的な化学療法によって20~40%の患者さんに治癒が期待できます。標準的な化学療法のみで治癒する可能性が低い場合、他の抗癌剤を加えたり、自家造血幹細胞移植を併用して大量の抗がん剤を投与する治療法もあります。

※大阪市立大学病院の患者さん向け説明資料を引用しました

テーマ:ガン治療 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

濾胞性リンパ腫 TB:0 CM:3 admin page top↑
悪性リンパ腫の治療(1)
2006 / 12 / 09 ( Sat ) 21:50:13
非ホジキンリンパ腫に対する有効な治療法には、放射線療法、抗がん剤による化学療法、抗体療法、外科療法などの複数の治療法があります。他のガンに比べて、非ホジキンリンパ腫は放射線療法や化学療法がよく効く悪性腫瘍だそうです。これらの治療法を組み合せることが必要になったり、造血幹細胞移植療法(研究的治療)を用いたりする場合があります。

1)低悪性度リンパ腫
濾胞性リンパ腫、MALT リンパ腫が代表的です。病期によって治療法が異なります。低悪性度と聞くと危機感が薄れますが、進行が年単位と遅いため治りにくい(抗がん剤が効きにくい)特徴があります。悪性リンパ腫の治療を例えると、米60kgの中に10gの黒ゴマが混じっていて、その黒ゴマを1粒残らず取り除くという感じです。多少残っても増えなければ治療は成功です。

A)I、II期
病変が存在する部位に対して放射線治療を行うのが一般的です。放射線治療により約半数の方に治癒が期待できます。この時期は異常に気付かないのがほとんどで、また治療の必然性も感じられず『Watchful Wait』を行うのも1つです。

B)III、IV期
低悪性度リンパ腫は、抗癌剤治療によって大半の方に病変の縮小効果が認められ、多くの方では病変がほとんど消失した状態(寛解)になりますが、完全に治すことは難しい病気です。進行期においても一般に症状が乏しく病気の進行も遅いため、症状のない場合や病気が進行する傾向を示さない場合は、化学療法を早期に開始することによる生存期間の延長効果が確認されていません。そのため、症状のない場合は診断がついてもすぐに治療をはじめずに経過観察をすることもあります。ただし、病気の進行が明らかになった場合や症状が出現した場合には、化学療法や放射線療法などの適切な治療を開始する必要があります。

III、IV 期の低悪性度リンパ腫の方の平均生存期間は10年前後と今までは言われています。2003年秋から保険適用(但し8回しか使用できない)となった抗体療法(リツキサン)は有効性が高く、抗がん剤と違ってアレルギー以外の副作用は少ない治療です。長期にわたる効果は未だ証明されていませんが、この3年間で多くの実績を残しておりかなり有望な治療薬のようです。

※大阪市立大学病院の患者さん向け説明資料を引用しました

テーマ:ガン治療 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

濾胞性リンパ腫 TB:0 CM:0 admin page top↑
悪性リンパ腫って何?
2006 / 12 / 09 ( Sat ) 17:01:56
血液の細胞には赤血球(酸素を全身に運ぶ)、白血球(細菌などから体を守る)、血小板(血を止める)があり、それぞれ寿命が来ると死んでいきます。白血球の中で免疫を担当しているリンパ球には、T 細胞、B 細胞、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)があり、細菌やウイルスなどの感染と戦っています。リンパ球は血液以外にもリンパ系組織(リンパ管とリンパ節)にあります。リンパ節は小さな豆のような形をした器官で、全身に分布しており、特にわきの下、頸部、鼠径部(足のつけ根)、腹部、骨盤部に集まっています。

血液は心臓の鼓動で全身に送られていますが、リンパ液を送るために心臓のようなポンプはなく、筋肉の収縮で全身に送っています。疲れてだるいのは筋肉の動くが悪いからです。特に背中の筋肉の動きは重要だそうです。

悪性リンパ腫は、リンパ球が癌化した悪性腫瘍で、リンパ節が腫れ、腫瘤ができる病気で、ホジキン病(ホジキンリンパ腫)と非ホジキンリンパ腫があります。
リンパ節は腫れても痛みがありません。鈍痛があるのはリンパ節が痛むのではなく、腫れたリンパ節が他の部位を圧迫するからだそうです。痛みがないので気が付きにくく、病人らしからぬ病人という感じです。自覚がないので治療するという気持ちになかなかなりません。他のリンパ節が腫れだして初めて『まずい?』と気付くようで、気付いた時はかなりガンも進行していて病期がステージIVなんて当たり前のようです。

非ホジキンリンパ腫はリンパ節で発病することが多いのですが、全身のあらゆる臓器に発生する可能性があります。非ホジキンリンパ腫は、細胞の起原(T細胞リンパ腫、B細胞リンパ腫、NK細胞リンパ腫)や組織の形(濾胞性、びまん性)、予後(低悪性度、中悪性度、高悪性度)、病期(I~IV 期)により分けられており、診断には腫瘤の一部を試験的に切除して顕微鏡で調べる病理組織検査が必要です。

■病期(ステージ)
I 期・・・ひとつのリンパ節領域のみのリンパ節がはれている
II 期・・・上半身または下半身のみの2 ヶ所以上のリンパ節領域がはれている
III 期・・・上半身、下半身の両方のリンパ節領域が侵されている
IV 期・・・臓器を侵していたり、骨髄や血液中に悪性細胞が拡がっている

※大阪市立大学病院の患者さん向け説明資料を引用しました

テーマ:ガン治療 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

濾胞性リンパ腫 TB:0 CM:0 admin page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。